農業の未来を語る8代目農家 トヨタファーム鋤柄の『農業のカタチ』

2018年08月21日 09:02

ミャンマーへの養豚指導



7/16~22まで、
農村の改善プログラムの一環で
養豚指導者としてミャンマーに行ってきました。



ミャンマーはインドと同じく格差が激しい国です。

私が赴いた場所も、都市部とは違い、
貧困なエリアで、川が氾濫すればすぐに水に浸かり、
家も雨風すら凌ぎきれないようなもの。



話を聞くと、家の中は家族が多くて横になることができないので、
男性陣は屋外で寝ているとも言っていました。

そんなミャンマーの農村地域で、
養豚セミナーもさせていただきました。



皆さん非常に熱心で、そして暖かく出迎えてくれました。

ミャンマーは日本とは違って、
本当にゆったりとした時間が流れており、
子どもたちも目がキラキラしているのが印象的でした。



貧乏で学校に行けない子どもはいるそうですが、
学校に通える子どもたちで不登校の子は一人たりともいないそうです。

ミャンマーにはトヨタファームで研修した
若い子たちもおり、日本で稼いだお金と、培った技術を持ち帰り、
母国で養豚を頑張ってくれています。



これからも微力ながら、
貢献していきたいと思います。



Posted by トヨタファーム 鋤柄雄一