農業の畜産を語る8代目農家 トヨタファーム鋤柄の『食と命』

農業の畜産を語る8代目農家 トヨタファーム鋤柄の『食と命』 › 取り組み › 農産物ブランディングの道 › 

【募集】ロゴマークデザイン【とよたひまわりポーク】

2020年08月28日 09:00

【募集】ロゴマークデザイン【とよたひまわりポーク】

【募集】ロゴマークデザイン【とよたひまわりポーク】
お知らせと告知です。
新しいブランド豚を育てることになりました。


名前は「とよたひまわりポーク」です。

豊田市の花「ひまわり」の種を飼料に加え育てた豚で、
地産地消銘柄豚として、豊田の地域で愛される豚になってほしいと思っています。

そして今回、豊田市内の小中高校に通う
児童・学生の皆さんに「とよたひまわりポーク」の
ブランドロゴデザインを描いていただこうと考えました。

募集要項については後半で述べます。


その前になぜ、
今回新しいブランド豚を育てることにしたのか。


理由は2019年に当農場を襲った
豚熱(豚コレラ)の被害と一年にわたる操業停止です。

皆さまはご存知ないかもしれませんが、
豚熱(豚コレラ)によって全国はもちろん、ここ愛知県内でも
廃業に追い込まれた養豚農家がありました。

当農場は幸いなことに事業を再開することが叶いましたが、
とても悩みぬいた再開です。


私は以前から「三州豚」や「夢農豚」といった
銘柄豚を育て、出荷していましたが、今回の「とよたひまわりポーク」は
これまでの豚とは少々違います。


それは豊田市内の全ての養豚農家と協力しあって
共にブランド化していく豚であるということです。

さらに、市内の食肉関連業、飲食店も自由に関わることができる
「豊田市民のためのブランド豚」というコンセプト・展開モデルです。

これまでの「三州豚」や「夢農豚」はトヨタファームの「独占」のような形でした。

しかし今回はそうした制限はなく、
より自由に展開していける地産地消銘柄豚というコンセプト
現在、「とよたひわまりポーク」プロジェクトを進めています。


今現在、豚コレラの被害に遭いながらも、
何とか操業再開に至った豊田市内の養豚農家が2社います。
(有限会社堀田畜産さん、株式会社内山さん)

彼らと共に『とよたひまわりポーク』を軸に、
3農家で豚コレラからの再起をかけて臨んでまいります。


そこで皆さんにお願いです。


お子さん、または、ご近所やお知り合いの
豊田市住まいの小中学生のお子さんにお声掛けいただき、
『とよたひまわりポーク』のロゴマークのデザイン募集
告知していただきたいのです。


将来的には豊田スタジアム近隣のひまわり畑で育ったひまわりの種や、
市内の小学校などで栽培されたひまわりの種なども「食育活動」の一環で豚に与えるなど、
地元行政・諸団体の皆様にも協力いただき、地域密着度の高い活動も計画しています。

これからの豊田市を引っ張っていく市内の子供たちに
長く広く愛される地元のブランド豚にすべく、

『とよたひまわりポーク』のロゴマークデザインのご応募、
どうぞよろしくお願いします。



採用作品1点と、次点作品の3点には
それぞれとよたひまわりポークが5kgと2kg、
賞品としてご用意しています。
※詳しくは募集要項をご覧ください。

募集の詳細や応募方法

応募は郵便とメールで受け付けます。
応募期間は2020年9月1日~2020年10月31日。
豊田市内の小中高に通う児童・学生なら参加できます。

詳細は下記の要項よりご確認ください。

↓↓↓

2020%E3%81%A8%E3%82%88%E3%81%9F%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AFs%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf (PDF: 160.8KB)


同じカテゴリー(取り組み)の記事画像
公開シンポジウム参加者募集
とよたひまわりポークが使われたお弁当
とよたひまわりポークのロゴマークデザイン募集中
5/30(土)6/6(土)もドライブスルー豊田マルシェへ!
三州豚復活!! 5/23(土)豊田スタジアムで販売します
応援したい、海外の安心安全な畜産
同じカテゴリー(取り組み)の記事
 公開シンポジウム参加者募集 (2020-10-22 08:58)
 とよたひまわりポークが使われたお弁当 (2020-10-14 14:53)
 とよたひまわりポークのロゴマークデザイン募集中 (2020-10-09 16:10)
 5/30(土)6/6(土)もドライブスルー豊田マルシェへ! (2020-05-26 12:04)
 三州豚復活!! 5/23(土)豊田スタジアムで販売します (2020-05-19 14:23)
 応援したい、海外の安心安全な畜産 (2020-05-12 13:00)

Posted by トヨタファーム 鋤柄雄一 │カテゴリ:取り組みカテゴリ:農産物ブランディングの道